インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タクシー
大阪に帰ってくる。

空港からタクシーに乗る。

特に不満はないのだが、札幌のタクシーの運転手さんが親切だったので、愛想に欠けるように感じてしまう。

札幌のタクシーは特別なサービスがあるわけではないが、大きな荷物をトランクに収めてくれたり、話し方が穏やかだったりと心地がよい。

腰が低く、強い主張をせず、相手に気遣いがある。

サービスの質というより、大阪とは根本的なコミュニケーションの様式が違うという感じ。

地元である札幌のモードや訛りは、数日間いるととても心地よく聞こえてくる。

地元の言葉でしゃべること自体が、心のリハビリになる。

ホームシックというのはこういうモードやリズムの違いによるのだと思う。

今晩体内のOSを切り替えて、仕事のアプリケーションを起動させよう。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。