インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小樽
雨の小樽は涼しいが、寒いと言うほどではない。

道東を夏に旅行したとき、とても寒いときがあったので警戒していたが、むしろ蒸し暑い。

夏はこのくらいがちょうど良い。

小樽の運河を見るのは2度目だが、想像以上に綺麗な風景だった。

昼間は適度な人で賑わい、朝は水面が穏やかで建物を完璧な対象形で水中に映し出す。

人力車が元気よく呼び込みをしているので乗ってみる。

京都や湯布院など、全国10カ所で営業している「えびす屋」という業者さんだった。

割引券は全国で使え、人力車ビジネスの拡大を図っている。

牽き手には女性もいて、坂道の発進は大変そうだ。

さすが小樽、車道に人力車のレーンがあると思ったら、除雪のレーンだとのこと。

夏は雪がないので、ちょうど人力車のためにつくられた車線のように見える。

戦前ニシン漁で栄え、北海道の金融センターで、大正時代に10を超える銀行が軒を並べていた。

突然ニシンが獲れなくなった原因は不明らしいが、その後は観光都市として運河を整備し、古い建物の保存に力を入れている。

ウニやイカなどのすしネタは今も豊富で、ガラス製品も有名である。

幼少の時に引っ越しているので記憶には全くないが、生まれ落ちた町なので、これからも元気でいて欲しい。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。