インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビジネスパーソンの三叉路
私たちビジネスパーソンは、「(1)今の会社にとどまる」か、「(2)転職する」か、「(3)独立する」かの三叉路に常に立っている。

これらの選択肢が目の前にあり、意識的、無意識的にかかわらず、結果的に常に選択を行っている。

特別な意志決定をしなければ(1)であるが、常にそれは(2)と(3)の否定形である。

だから、(1)を豊かに生きるためには、(2)と(3)の可能性を常時意識して、その結果(1)を積極的に選択している、という判断プロセスが必要になる。

今の会社でよりよく仕事をするためには、転職と独立を本気で考えることが大事だ、という逆説的な主張である。

会社への忠誠心が高い人は、(2)(3)は考えもしない。

ところが、それでは本当に(1)にコミットしていることにはならない。

「自立型人財」とは、(2)(3)をポケットに入れて、常に取り出せるようにしている人である。

自立している人は、組織からの遠心力が働いている人だ。

会社としては(1)であって欲しいので、そのために「やりがい」や「賃金」を提供する。

その引力の強さと、遠心力が引き合っているのが会社である。

互いの力が強いレベルでバランスしている会社が理想である。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。