インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山本屋
名古屋に宿泊している。

夕食に、名古屋駅地下街の味噌煮込みうどん「山本屋」に行く。

およそ17年ぶりである。

当時営業部門にいた小生と、課長さんと、事業部長さんと入った。

事業部長さんは食べるのが早くて、熱い煮込みうどんを逆流した滝のようにすすり込んでいた。

ビジネスマンたるもの、こうあらねばならないという鑑であった。

皮肉ではなく、当時のビジネスマン競争力はそういうものだった。

事業部長さんには、大変お世話になった。

そのとき教えていただいた、鍋のふたを取り皿にして食べる、という作法を実践している人は少なかった。

一応作法に従って食べてみたが、その必要性はほとんどなかったのでやめた。

20代当時、一人でご飯を食べるには高すぎる店であったが、40代になっても改めて確認。

2000円以上するうどんって、高いよなあ。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。