インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健康診断
ホテルニューオータニで健康診断を受ける。

昨年はオフィス近所の結核予防会で受けた。

健診メニューはさほど変わらないものの、快適性は随分と違う。

ホテルの中なので、ソファがきれいとか、雑誌が豊富とか、そういう面は当然優れている。

決定的に何が違うって、きれいなお姉さん達がスタッフである。

医療という仕事イメージの良さと、ニューオータニという環境の良さから、良い人財が採用可能なのだろう。

心理的・衣服的に無防備になっている状態で、この違いは大きい。

寝転がったり、メタボなお腹をさらしたりと、なかなかドキドキするシチュエーションではある。

酒を飲んでいたら、勘違いするひともいるだろう。

酒飲んで健診に来る人はいないので安心だが。

殺伐としている職場に、単純に若くて元気な女性が配置するだけでモチベーションが上がるということは結構ある。

営業パーソンを女性に変えたことで、他社との競争優位を築いた会社もある。

お客さんが男性だからということでもない。

女性でも、当たりが柔らかくててきぱき仕事をする女性の方が、ぱっとしない中年男性より仕事がしやすいのである。

問題は、そのようなできる女性のモチベーションを上げて働いてもらうマネジメントである。

給料とか出世とかと違うマネジメントのコンセプトが必要だ。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。