インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EX-ICカード
雨雲を追いかけるように東京出張。

はじめて「EX-ICカード」というものを使う。

ネットで新幹線を予約すると、切符を発券しなくても乗れるという仕組み。

飛行機では、携帯電話で乗れたりするが、その新幹線版。

窓口に行列ができて、出発時間に間に合わないとイライラしたのは過去のこと。

どんどん便利になっていく。

本人であることさえシステム的に証明できれば、切符という証書は要らない世の中。

貨幣でさえ必要ないのだから、この手の証明メディアは不必要になるのは必然。


このカードを改札機にかざすと、座席番号を書いた紙が改札機から出てくる。

これは飛行機のボディチェックのところにある機械と同じ。

飛行機と違うのは、乗車してからの検札があることだ。

時代の流れを考えるとかなりアナログだが、これは不可欠なのか?

頭の良い人が考えているはずなので、きっと必要なのだろう。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。