インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おにぎり
早朝、車でオフィスに向かう。

10分で着く。

空いている進御堂筋の快適さはたまらない。

コンビニでおにぎりを買う。

昔ながらの、海苔が最初から巻いてあるやつにする。

「おにぎり」とは、海苔とご飯がくっついていて、やや”びちょっと”なっているもののことである。

その湿り気に人の手のぬくもりを感じるのである。

海苔が分離されていて、食べる寸前に巻いて、食べるときに海苔が飛び散る食べ物ではない。

だから、コンビニで「おにぎり」と称されているものは、別な新種の食べ物であると認識している。

「”びちょっと”おにぎり」と「”新種”おにぎり」の認知により、世代論議ができそうだ。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。