インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花粉症
風邪だと思ってマスクをしていたら、それは花粉症じゃないの?とはしもとさんに指摘される。

家族はみんなアレルギー症状が出ているので、小生だけが無事と言うことも考えにくい。

体がだるくてやる気が出ないときに、ひょっとしたら花粉症じゃないかと思っていたこともあるが、これは怠け心の言い訳だと意識的に封印してきた。

マスクをすれば楽になるし、そういやこの季節が必ず調子悪いし、と花粉症を裏付けるエビデンスが次々に出てくる。

仮説ありきで世の中を見ると、新たな意味づけができるという好例である。

花粉症という概念を自分に与え、そのカテゴリーの中に包含してしまうと、なんとなく社会と一体感がでるのが不思議だ。

この意識の変化を突き詰めると、形而上的な哲学に踏み込むこと必至である。

一番の問題は、花粉の中を自転車で走るのを躊躇してしまうこと。

さらにせっかくのオープンカーの屋根を開けるをためらってしまう。

「春」のポジティブイメージが崩壊しつつある。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。