インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Jack Johnson
表参道に建つ「スパイラル」の1階にあるレコードショップ(CDショップ)の"spiral records"のかせさんに、オフィスで聞ける10枚というのを見つくろっていただいた。

どれもすばらしい。

仕事にかまけて、ブログネタ探しに余力のない時に小出しにして紹介したい。

本日は「Jack Johnson / SLEEP THROUGH THE STATIC」

フォークソング、と言ってしまって良いのか分からないが、そんな感じの弾き語りである。

サイモン&ガーファンクルのようであり、ビートルズのようでもあり、小椋佳のようでもある。

このような表現しか思いつかないのが、音楽ライターさんとの違いで、情けない。

頑張ってもう少し言葉を足すなら、彼らとの違いは、曲を聴かせてやろうという感じがなく、自然にわき出るメロディーと言葉を全方位的に発している感じがすること。

誰かに向かって熱く語っているのではなく、内に向かった情報発信が、クラインの壺的なルートを経て外に出ている感じ。

なんだか分からなくなってきたが、ほのぼの、しみじみとしたとてもすばらしいサウンドである。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。