インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
橋下知事激怒
橋下知事がNHKと喧嘩しているらしい。

二度とNHKには出ないと。

公務で番組出演に遅れることを事前に言っていたのに、番組中で遅刻呼ばわりされて激怒したらしい。

さらにアナウンサーの質問にキレて、インサイダー取引の解決もできていないのに何を言うか、となったらしい。

小生、知事には好意的なことを差し引いても、面白い議論のふっかけ方だと思う。

メディアは無色透明な神のような存在ではなくて、生身の人間だということに気づかされる。

メディアと知事という、立場としての会話ではなく、そういう質問をするおまえの人間的感受性はどうなんだ、と人間同士の会話の土俵に持ち込んでいる。

質問する方に、メディアの鎧で身を隠すことを許さず、人間としての責任を突きつける。

タレントが一言の失言で商品価値を失う今、「発言責任」は重大である。

メディアの記者であっても、「質問責任」が問われるのは当然だ。

言論の自由を笠に着た、魔女狩り的暴力の抑止力は必要だと思う。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。