インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタ最高益
道路財源でマッサージチェアを買っていてけしからん、というニュースの後に、トヨタが第三四半期までの決算で最高益。

最終利益が1兆4000億円だから、1%ぶれただけで100億円変わる。

こういう桁で売上げや利益をマネジメントするには、特別な規律や清廉さと言った素養が必要な気がする。

売上げが上がった、最高益だ、バンザイ!という感じではないだろう。

きっと行政もトヨタにやってもらったらうまくいくんじゃないか。

大赤字の大阪府をどのようにマネジメントするのだろう。

欧米で市場社会が発展したのは、プロテスタントの精神があったからと、マックス・ウェーバーは理由付けた。

トヨタのカイゼンの精神は、将来の社会のスタンダードになるのだろうか?
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。