インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中田翔選手フィーバー
プロ野球がキャンプインした。

それほど関心があるわけではないが、日本ハムの中田選手は凄いらしい。

ちなみに、タイトルで使った「フィーバー」は死語かもしれない。

どのように受け取るかで、年齢がわかる。

報道の過熱状況を見ていると、プロ野球が視聴率が取れなくなった、というのが不思議だ。

結局、巨人戦に関心がなくなった、ということなのだと思う。

サッカーは代表戦は中継があるが、リーグ戦はほとんどない。

野球も星野ジャパンは熱心に報道されるが、ペナントレースにメディアは冷たい。

これは、一発勝負的なものは煽りに煽った放送ができるが、定常的に行われる試合は盛り上げにくい、ということのような気がする。

ハンドボールも、一発勝負の美学があるから盛り上がった。

マラソンのオリンピック選考の盛り上げも同様である。

この論理で行くと、プロ野球より「散る美学」がある高校野球の方が料理しやすい。

野球もサッカーも、地元では日常的に盛り上がってきていることを考えると、社会とマスメディアの論理が合わなくなっているのではないか。

豊かな日常、という題材はマスメディアには不向きなのだ。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。