インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学習机
下の子用の学習机が届いた。

下の子の人生の中で、最も届くのを待ちこがれていたものと言って良い。

自分固有の空間ができるということと、お姉ちゃんと肩を並べた感じが嬉しいのだろう。

同じ部屋で机を並べるので、お姉ちゃんと同じメーカー、同じタイプにした。

同じタイプだが、品番は変わっており、微妙に改善されている。

一番目に付くのは天板や書棚の高さが高くなっていたこと。

確実に収納性は良くなっているが、旧型と並べると凸凹になってちょっとバランスが悪い。

その他、ライトがリモコン操作になっていたりと、3年の差は如実である。

ランドセルにも感じるが、着実に改善されている。

今後も改善され続けるだろう。

ランドセルも学習机もいじりようがないように思えるが、さすが市場社会である。

新しい机を目の前にすると、3年前に気づいても良さそうなことがいっぱいある。

今現在でもいろんな改善点が議論されているのだろうが、時間やコストの制約がある中、その時点での最適スペックを探るのが商品開発。

こういう地味な商品にビジネス文化の底力を感じます。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。