インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
村尾
夜、近所の居酒屋「かのや篠原」へ。

鹿児島料理と焼酎で雰囲気の良い店。

数回言ったことがあるが、本日は鹿児島県人のだいとくさんと。

ホームページで見ると、経営はかの有名なバルニバービ。

他店舗展開しながらも、こういう地元密着的なこんせぷともしっかりやっているところがすごい。

だいとくさん、店に入るなり、「あっ、ムラオがある」と。

焼酎の銘柄「村尾」のことである。

聞くと、名高い「森伊蔵」と並ぶほどの銘酒のよう。

扱っている店が少なく、より希少価値が高いとのこと。

迷わず「村尾」を発注。

焼酎の味を語るほどの知識はないが、先入観あったとしても、まろやかで美味であった。

さらに「なかむら」「魔王」と続く。

「にがごい」とか「がね」も食べて、すっかり鹿児島づきました。

いいね、鹿児島。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。