インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エスカレーター
言い古されていることだが、エスカレーターでの立ち方が東京と大阪で違う。

大阪は、止まっている人は右側で、急いで歩く人は左側。

東京は逆である。

噂によると、大阪だけが世の中のスタンダードと逆だそうだ。

こう書いてて、どっちがどっちだっけ?となる。

東京出張すると、周りがそうだからということもあるが、重い荷物を持って立ち止まるのは左側、という風に自然になる。

出張の帰り道、品川駅の新幹線ホームのエスカレータでは、すべての人が左側に立ち止まり、一斉に新大阪で降りた後は右側に止まっている。

同じ人が臨機応変にスタイルを変える。

自分も含めて、不思議な状況である。

一瞬どっちだったっけ?と考えながらも、忠実に振る舞う。

郷に入っては郷に従え。

周りと同化することは、一種の快感をもたらす。

この前、大阪のエスカレーターで左側に立ち止まっている人を指して、大阪は右側なのに、と文句を言っていた。

子供は結構ルールに厳しい。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。