インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野村克也氏
テレビ東京系のカンブリア宮殿に楽天の野村監督が出演していた。

修士論文に氏の著書を引用したこともあって、常に注目の一人。

田尾さんが解雇されたときには憤りを感じたが、昨年4位の成績を見れば、その人事に文句はつけられない。

北の怪物、われらがマー君も生き生きとやってそうだし。

一流の人が頭から排除している言葉として、「妥協、満足、限定」を挙げていた。

なるほど。

親が子供を見るときも、これらを排除しておく必要がありそうだ。

番組で気になったこと。

キリンビール(キリンHD)の社長さんが、価格営業から価値営業に変革している模範的事例として取り上げられていた。

直後のCMがサッポロビール。

懐が深いという考え方もあるが、これはプロモーションとしてはいかんでしょう。

サッポロの宣伝セクション、厳しさが足りないのでは?
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。