インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浦和レッズ
浦和レッズがACミランと対戦する。

親善試合ではなく、「本番」である。

世界に通じる通路が、代表戦だけではなく、一クラブにもあることが認知された。

代表という、触れて触ることが難しい概念的な存在ではなく、浦和という街に根ざした「リアル」なチームがACミランという神様みたいなチームに繋がっているということ。

これは青函トンネルの開通に匹敵するすごいこと。

アポロ11号並の快挙と言って良い。

これからは、代表入り→ワールドカップ、だけではなく、Jリーグ優勝→クラブチームのアジアチャンピオン、になることが選手のモチベーションとなる。

渡るべき橋がたくさんあるのはいいことだ。

今夜、いい試合となることを願っています。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。