インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供概念
子供はやっかいである。

小さい幼児が下にいるのに、螺旋階段から紙飛行機をジャンジャカとばしたりする。もちろん、それを片付けようとしない。

路上の自転車を倒してキャッキャと騒いだりする。

叱ると逃げだし、もっと問い詰めると、目に涙を浮かべて黙り込む。

大人の規範からすると、なんちゅうことすんねん、と反省させたくなるが、最後は「子供」を盾に、責任からするりと逃げ出す。

まあ、子供だから、という「子供」概念に合理的理由を求めて、大人も引っ込む。

子供という概念は実は歴史的にはかなり新しい、という説を大学院で学んだ覚えがある。

でも、18歳は子供じゃないよね、亀田君。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。