インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お月見
家に帰るとだんごがあった。

中秋の名月ということである。

ベランダから空を見上げると、煌々とした満月が浮かんでいた。

子供たちは、自らの発案で、わざわざベランダに出て、月を見ながら食べたそうだ。

我が子ながら、すばらしい。

こういうことは、「わざわざ」やるものだ。

こういうことに無関心でしらけていては、人間が人間でなくなる。

プラクティカルで直線的な生活だけでなく、彩りのある「わざわざ」にこだわりたいものです。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。