インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「続ける」と「辞める」
今日のブログでは多くの人が書くでしょうが、安部さんが辞めたのには驚いた。

午後の打ち合わせが終わったときに、ゆあささんが知らせてくれた。

人間、いろんな「続ける」と「辞める」の葛藤を経験して生きるわけだが、総理大臣がこうあっさりと辞めるとかなり驚く。

安部さん、小泉さんに背中を押されて、体内にエネルギーが充填していないままに首相になっちゃった、という感じがあった。

「受ける」と「断る」も葛藤だ。

批判的意見は、政治家や識者と同じようになるので、ここでは割愛。

自分を振り返っても、辞めて失ったものと、辞めて始まったものがあり、これは天秤にかけられない。

辞めて何を始めたか、が大事なんだろう。

「続ける」ことで「何かを始められない」という機会原価の問題だ。

これを称して後悔と呼ぶ。

それは避けたい。

「続ける」「辞める」「受ける」「断る」の基本軸は、これしかないのではないか。
コメント
コメント
辞める為の美学
杉田さん、こんばんは。
一度、受けた後の仕事を途中で断る・・・ってのが
とっても大変って事、実は仕事で初めて経験しています。
結婚よりも離婚の労力のほうが大変だと聞きますが(変なたとえ!)
他人には解らないこと、一杯ありますよね。
辞めるに至って、自分が断じて後悔しない事~
辞めた後のストーリーまでキッチリ責任持つ事
・・・そしてその後、より美しく生き続けられること~
とりあえず、何より体力付けないと・・・
そう言えば、私の恩師もペリエ愛飲してました。

2007/09/13(木) 21:11:55 | URL | 望月 #- [ 編集 ]
望月さま

ビジネスやってると、やっかいな決断を迫られますよね。

最後は理屈よりも、体力気力ですよね。キレないことがなによりで。

キレないでちゃんと始末をするというのが大人なのでしょうね。
2007/09/14(金) 13:22:31 | URL | すぎた #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。