インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吹き替え
ミーティングの参考資料として、2年前のVTRを見た。

上海のコンビニ出店競争に関するもの。

ビジネス的観点でも興味深いが、作り自体がコメディタッチで大笑い。

笑いの素は、日本語の吹き替え。

やや甲高くテンションが高い吹き替えが入ると、報道と言うよりドラマの雰囲気になる。

普通の人の話し方と、プロの吹き替えのしゃべりは明らかに違う。

吹き替えになった途端に、フィクションっぽい世界になる。

こりゃ、日本人の映像に別な吹き替え入れても面白いんじゃないかな。

リクルート社のCMで、著名な営業のワンシーンにへんてこな吹き替えを入れたのがあったが、その面白さもこういうことですね。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。