インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とんかつ
脳内メーカーで「杉田英樹」は「食」と「嘘」でできていると診断されてから、「食」の話題を避けていたが、これこそ「嘘」の実態のような気がして、かつブログネタ切れ気味なので久しぶりに食べ物の話題。

とんかつの味が、関東と関西では違うと思う。

先日、千葉県浦安の駅前のトンカツ屋はうまかった。

中学生の時に函館から札幌に引っ越して、初めて札幌の「玉藤」のトンカツ屋で食べた感動に近いものがあった。

コロモと肉の柔らかが違う。

本日、うつぼ公園界隈ではうまいとされているトンカツ屋で昼食を食べたが、ここを含め、関西ではそういう感動にあったことがない。

大阪は食べ物がうまい、というのは真実であるが、ことトンカツについては関東に軍配を上げる。

この認識は正しいのか?
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。