インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビ電話
実家と、ヤフーメッセンジャーでテレビ電話をやってみた。

大阪と札幌の遠距離通信である。

流れるような動画、とはいかないが、表情ははっきりわかる。

子供たちは、おじいちゃん、おばあちゃんに会えた、と言っていた。

技術の進歩を実感した。

企業ではテレビ会議は実用化しているが、「出張費削減」というお題目の中、「仕方なく」使っているという風もあるが、プライベートでは確実に進歩である。

ただ、画面が見えると言うことはごまかしが利かない、ということである。

寝込んでいても、声だけ元気を装うと言った、相手を気遣った健全な嘘がつけなくなる。

通信費はただだから、監視カメラ的な使い方になってしまう恐れもありそうだ。

遠距離恋愛の人は結構つらいだろうな、これ。

もちろん、これでうまくいくこともたくさんあるだろうけど、そうでないこともありそう。

これからも、慣れ親しんだ音声電話を基本としたほうがオジサンにとってはよさそうだ。
コメント
コメント
変わりますか?
遠距離恋愛の人は結構つらいだろうな、これ。

もちろん、これでうまくいくこともたくさんあるだろうけど、そうでないこともありそう。

遠距離恋愛をテーマにしたTVドラマや小説の中身が確実に変わっていきますね。遠距離恋愛=すれ違い、困難を乗り越えるドラマ から TV電話での浮気(?)発覚のコメディなどへ変化するのでしょうか?
2007/08/21(火) 21:11:20 | URL | SSK #- [ 編集 ]
SSKさま、お暑うございます。

>TV電話での浮気(?)発覚のコメディ

ありそうですねえ。源氏物語のように、相手が見えないというのも一つの価値ですね。
2007/08/22(水) 10:00:59 | URL | すぎた #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。