インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教育と受験
一人の受験生が何十校も大学を受験して、合格者数を水増しする問題、進学塾では以前からやっていたようですね。

自由競争の進学塾なら問題なく、補助金のある高校だから問題、という切り分けで考えたらよいのかな?

センター試験の点数だけで合否が決まるので、受験者本人には負担がなく、受験料を学校が負担することで、いろんな人の利害が一致していたのでしょう。

ということは、センター試験の点数実績が高校の価値判断の物差しになっているということ。

入学時の偏差値が比較的低く、受験時のセンター試験の偏差値が高い高校が、良い教育をしているということです。

これ自体は説得力ありそうな数値ですね。

大学に入ることを究極の目標とするなら、ですが。

人生は、随分それとは違う軸で動いているというのが実感です。

「教育」と「受験」の概念を分けて議論する必要がありそうです。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。