インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
繁昌亭
昨夜、繁昌亭の落語を初めて聴く。

夜6時からの「夜席」。

淀川の花火大会の音をかすかに感じながら、爆笑しました。

話面白かったですねえ。

それに、酒を飲む仕草が上手で、日本酒飲みたくなりましたねえ。

若い頃はなんと地味な舞台なんだと思ってましたが、ちゃんと伝統芸能は年と共に魅力が分かってきます。

約3時間で話を六つ聞くと、結構疲れますが、爽快でした。

会場前は、出演される落語家さんが呼び込みや案内をされています。

終わってからも、みなさんでお見送りされています。

こぢんまりした客席と演者の距離の近さと、運営の手作り感が、温かい雰囲気を醸し出しています。

こういうことを経験できる土地柄、歴史のある都会だなあと思います。

大阪の最近の器モノとしては、大ヒットですね。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。