インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グローバルスタンダードか否か
娘二人が出るリトミックの発表会に行く。

90分の演目全体にストーリーがあって、いわば歌って踊る構成。

オープニングで、先生方が数名歌い始める。

隣の妻が、突然一緒に歌い出す。手の振り付けも入っている。

周りのお母さん方も一緒にやっている。

見てる家族の方達もご参加下さい、という趣向。

お父さん達はキョトンとしている。

さて、こういう時、世の男性はどのような態度をとるべきか。

明治時代の軍人のように腕組みをして難しい顔をするのも粋ではないし、かといってアメリカ人のようにノリノリになるのは軽薄すぎる。

肩の力を抜いて、この趣旨を否定しないという協調的な姿勢を見せつつ、積極的に参加するには気分が暖まっていないよね、という合理的な判断に同意を求めるような穏やか表情をつくりながら、じっとその場が過ぎ去るのを待つ、というのが小生の方針。

この態度、グローバルスタンダードなのかどうか、トリビアにでも聞いてみたいところである。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。