インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミス・カリキュレーション
昨夜お誘いいただいた飲み会では、議論のテーマが決まっていて、各自がレポートを準備して、飲み食いしながらかなり真剣な議論をする。

小生はゲスト的な立場ゆえ、議論に参加するも、レポートなし。申し訳ない。

お題は「ミス・カリキュレーション」。日本語では「計算間違い」。

日本語にすると算数のテストのような感じになるが、英語だと経営に関する概念に聞こえるのが不思議。

エキスポランドの事故や、少し前の雪印の事件や、セガサミーの合併など、多彩な事例で、正直何食べたか分からないほど。

ハイレベルな議論に頭がぐるぐる回っておりました。

改めて気づいたのが、雪印の事例。

最初の食中毒事件のダメージは言うほどではなく、致命傷は次の牛肉偽装事件。

エラーが2度続くと、組織への信頼は失墜する。

その雪印、戦後まもなく起こした食中毒事件では、見事な事後処理でブランドイメージがかえって上昇したよう。

そんな組織が何十年後にこのような状況になるのは、やはり組織は生ものだから。

常に気を抜かず、手を入れていないと知らず知らずのうちに腐敗が始まる。

戦略云々も大事だが、企業風土を守り鍛えることもまた、大事だと再認識。
コメント
コメント
エラーが2度続くと、組織への信頼は失墜する。

その通りですね。個人も然り・・・
教訓として心に刻まなくては・・・
2007/05/26(土) 23:09:13 | URL | SSK #- [ 編集 ]
SSKさま、こんにちは。

一発目にエラーしたときに、組織として反省すること。さて、組織として反省するということはどういうことなのか、というのがポイントですね。
2007/05/27(日) 19:03:50 | URL | すぎた #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。