インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未来工業
未来工業という岐阜県の会社が注目されています。

海外のビジネスマンが、トヨタを見学した足でこの会社を視察することもあるようです。

注目ポイントはざっと下記の通り。


(1)労働時間が短くて高賃金

年間休日140日で、残業・休日出勤一切禁止。

それでいて、県庁くらいの給与があるそうです。

「残業や休日出勤すると電気代かかるだろ」というのが創業者の弁です。


(2)報・連・想禁止

現場のことは、現場の担当者が一番分かってるんだから上司に
お伺い立てるなんてムダ、とのこと。

とは言っても、肝心なことはちゃんとやってるんでしょうね。


(3)提案したら一律500円

なんでもいいから改善提案したら、一律500円現金支給。

年間1万件の提案があるそうです。

年間経費500万円。中途半端なコンサルタント雇うよりよっぽど良いお金の使い方ですね。


(4)高シェア高収益

で、なんだかんだ言って、特定分野で高シェア高収益のビジネス。

強いビジネスモデルと、ユニークな人財マネジメントが融合しているところが、視察ツアーまで呼び込むゆえんです。


社屋はボロボロで、六本木のIT企業とは正反対の雰囲気ですが、こういう会社、凄く魅力がありますね。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。