インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分らしさ
彼女はいつも
自分らしく
生きているのに、
英会話教室だけ、
自分らしくなくて
いいのだろうか


マンツーマンを得意とする英会話教室の車内広告。

なるほど、英語になると背伸びしたり大げさになったりと、自分らしくなくなると。

大抵の人は想像つきますね、この状態。

マンツーマンなら自分らしさを保持したレクチャーを受けられますよ、ということ。

でも、外国語を学ぶと言うことは、少なからずその言葉を取り巻く文化や表現スタイルを学ぶことなので、ある意味自分らしさを壊す作業が伴います。

どっちにしろ自分らしさは後からにじみ出てくるのだと思いますし。

「自分らしさ」に拘りすぎると、あんまりいいことないなあ、というのがおじさんの経験則です。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。