インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
労働生産性
先週の日経新聞に、日本の労働生産性がアメリカの7割程度なので効率化が必要だ、という記事がありました。

特にサービス業が低くて問題だそう。

労働生産性=「付加価値÷人間の数」ですから、単純に言えば値上げをするか人間を減らせ、ということになります。

手っ取り早いのは後者。

小売店がすべてセルフサービスの倉庫みたいな店になるのはいやですね。

サービスに人手をどれだけかけるかは、お客さん側の価値観に委ねられます。その土地土地に合ったサービス水準というものが存在します。

国の間で比較して、どこかの基準に合わせるということ自体、ナンセンスだと思います。

生産性というお金側の論理と、サービスを受ける人と施す人、すなわち人間の論理の優先順位を間違えると、変な世の中になると思います。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。