インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秘書サービス付きオフィス
温家宝さん御来阪によるおびただしい数の警察官を横目に、四つ橋筋と土佐堀通りを歩く。

訪ねたオフィスは秘書サービス付きの共同オフィス。共同オフィスといっても、内装は超ゴージャス。備え付けのデスクや椅子も重厚感たっぷり。

オーストラリア仕様とのことで、ドア一つとってもエラく背が高い。これはお金がかかっている。

聞けば、この辺りの相場よりざっと7~8倍高い賃料。

受付や軽作業をしてくれる秘書さんが4名います。

自前で事務の社員を抱えるよりは合理的、というのが外資系企業の判断のようで、なるほどそういう考え方もあるのかと。

ただ、電話の取り次ぎ1回でいくら、宅急便の荷物を部屋まで持ってきてもらっていくらと、細かくチャージがかかります。

それゆえ、簡単にホイホイなんでも頼むわけにはいきません。したがって、秘書のみなさんの周りはゆったりとした時間が流れています。

その余裕が大企業の社長室っぽくて、オフィス全体の雰囲気をつくっています。

外国の企業訪問をした感じで、楽しくおしゃべりさせていただきました。
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/04/14(土) 19:51:12 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。