インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬物クリーニング
妻が冬物のクリーニングに6000円くらい使ったそうだ。

そのクリーニング屋さんは、1000円ごとに300円の割引券をくれるのだそう。かなりの割引率である。

さらに、1週間以内に引き取ると300円券がつく。つまり、6割引になる。6000円分の代金が正味2400円になる。

これは大変なディスカウントである。

年がら年中と言うことではなく、冬物をまとめて出すインセンティブであろうが、安いものは安い。

想定される疑問は、もともとが高いんじゃないの?ということ。

カッターシャツが200円で、これは「並」だそう。今の期間なら80円で洗えるわけだ。

次なる疑問は、割引券は100円ずつしかつかえないとか、制限があるのでは?

これも関係ないらしい。一度にドバッと使えるとのこと。

三つ目の疑問は、ちゃんと洗ってくれてんの?

これに関しては、我が夫婦も若干不安を持っている。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。