インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
着せ替えられる鍵
ニュー自転車で初出勤。

感想を一言で言うと、「楽だ!」。

15km走って会社に着くと、少なからず疲労感があったのが、全くない。これは凄い。

格好はバチバチなロードスタイルで、傍目にはいかにもつらそうな感じなのとは全く違います。

これまでは相応の覚悟が必要でしたが、これからはもっと気楽にまたがれます。

ニューバイクのために会社に常備したのがゴリン社のGS1-1200という超ぶっとい鍵。

ターミネーターにしか切断できなさそうなやつです。

太いワイヤーの外側に青いナイロン地のカバーがかかっていますが、取り替えカバーとしてオレンジ色のが付いています。

気分転換に、ということらしいのですが、そういうこと、鍵に求めてないよね、普通。

もっと深い理由があるのかな?
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。