インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抜歯
歯を抜いた。

いろいろと治療を試みたものの、症状改善しないので、医師と相談してそのような決断。

以前、麻酔が効きにくいと言われたことがあったので、少し大げさに痛がり、やや多めの麻酔投入。

あごに力がかかったり、今何してんだろうと想像しながらしばらく緊張の時間。

その瞬間は、抜けたのかどうか分からないほどあっけなく。

「ちょっと気持ち悪いですが」と抜いた歯を見せてもらって、こいつの何が悪かったかの説明をいただく。

なるほど、それは治療では埒があかないであろう。先生の見立て通りで心理的にも納得。

大きな傷口になっているので、頓服のお世話になること必至。

本日は早々に引き上げよう。
コメント
コメント
私も昨夏、親知らずを1本抜歯しましたが、未だに痺れが残っています。
週末はゆっくりお休み下さい。
2007/01/27(土) 10:07:25 | URL | SSK #- [ 編集 ]
SSKさま、お気遣いありがとうございます。

なかなかじっとしていられない性分でして。。。

でもお医者さんからいわれたことは優等生で守っています。
2007/01/27(土) 17:59:50 | URL | すぎた #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
歯科医療の発達により痛みはかなり軽減されている)歯科医療に於いてはすでに萌出した歯だけでなく、埋伏歯を取り除くことも含まれる。水平に埋伏した第三大臼歯のような場合は、一般的な抜歯と異なり、歯肉を切開したり歯を切断したりして抜歯することもある。近年はできる
2007/03/23(金) 13:22:36 | 歯が面白いかも
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。