インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
井川投手と「木綿のハンカチーフ」の関係
井川投手が連日スポーツニュースで取り上げられている。

もちろん、ニューヨーク・ヤンキースに入団するからだ。

阪神にいたころは、せいぜい関西のスポーツ新聞で練習風景が取り上げられたり、ネットでオタク振りがおもしろおかしく語られていた程度であった。

やはり、大リーグに入ると俄然注目される。

イチローや松井や松坂といった日本のスターでさえ、大リーグに入ると個人へのスポットの当たり方が変わる。シンジョーだって、大リーグに行かなければ今の芸能活動はありえなかった。

大リーグに入ると、途端に「セレブ」になる。身分、階級が変わると言っても良い。

大リーグという、遠くにある、眺めているだけであった未知の世界に踏み入ることで、現代のヒーローになる。

普通の人が知らない世界に行き、そこのしきたりやルールに従って生きること自体が眩しく感じられる。

試合で三振をとることよりも、チームの仲間に認められて親しく会話をしている様子に強烈な憧憬を覚える。

その昔、方言まるだしの田舎の子が東京へ出てパリッとしたスーツを着て、標準語で小洒落た会話をすることに漠然としたあこがれを持っていたのと同じである。

「木綿のハンカチーフ」で歌われた世界が、グローバル規模になって綿々と続いている。

より上位の階級を志向するこころが、日本人にはあるのだと思う。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。