インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市営土佐堀駐車場
車なし生活が数ヶ月続いておりましたが、1ヶ月半ほど前から再びマイカー生活に。

本日は車で出勤。

会社からは少し距離がありますが、料金が安いので市営土佐堀駐車場に。休日ならなんといくら駐めても終日1000円。ちなみに平日なら1400円。

帰りに係のお兄ちゃんに「日曜日は安くていいよね、ここ」と振ってみると、「全然ガラガラです」との返事。

聞けば、この料金になったのは11月からで、運営が三井のリパークに変わってからとのこと。料金を下げた効果はまだ出ていないよう。

会社に一番近い市営の西横堀駐車場もタイムスが運営。「民」の方が上手にできることは委託する、というのが流れ。

今現在からのキャッシュフローを考えたら、過去の投資はサンクコストで無視すべきですから、上手に運営できるところに任せた方が良いに決まってます。

ただ、そのサンクコストは税金。投資の学習効果は懐の痛みを感じることで生じるはずですが、公共投資はそのメカニズムが働かないので、これからもオーバースペックの施設がいろいろとできることでしょう。

で、「梅田から近いので、休日は高くても梅田に駐める人が多いですね」だそうです。

多少の料金格差では需要を呼び込めない。もはや価格の問題じゃないのでしょう。

「JR天満駅周辺なら、終電が地下鉄より遅いので、わざわざ駐める人がいますが、ここはJR沿線でもないし、さらに終了時間も早いのでダメ」とのこと。

なるほど、終電時間が駐車料金相場に影響を与えるわけね。

「値下げ効果がなければ、またここの料金も上げるかもしれません」とのことですので、いつも満車状態は勘弁ですが、もう少し稼働率が上がらないといけません。

ご近所の方、よろしくお願いします。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。