インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おめでとうございました
アジア大会でメダルをたくさん取った平泳ぎの北島選手に対してのインタビューで、NHKのアナウンサーが「おめでとうございました」と。

これ、言葉として変ですよねえ。

「おめでとう」は常に「ございます」という現在形がふさわしいのではないでしょうか。祝福の意は、常に発話する瞬間の今ここにあるわけですから。

同じように、「ありがとうございました」も変だ、という方がいらっしゃいます。

感謝の意は常に現在にあるという意味で一緒ですね。

でも、これは小生、日頃使っている言葉使い。「有り難い」、とメリットを享受した時点が過去なら良いのでは、とも思います。

じゃあ、「目出度い」シーンが過去の場合は。。。

何とも、よく分からなくなってきたので、いつか調べたいと思います。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。