インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国の漢字
昨日に引き続き言語ネタ。

中国ビジネスのミーティングの中で、中国の漢字の話題が。

中国とつきあいが深い部長さんは、中国の漢字の方がすらすら出てくるようになったとか。「蘇州」も中国語ならこんな漢字

「愛」という字は、中国語では「心」が省かれる。冠の下には「友」という字を書くのだそう。

愛情に心がなくなって、みんな友達になっちゃうんです。

ふ~ん。

それはさておき、中国語のレジュメはもちろん読めませんが、なんとく書いている意味は分かります。漢字圏はやっぱり親近感を覚えます。

きっとヨーロッパの国同士では、他国の人の言葉はこんな感じなのでしょうね。
コメント
コメント
いわゆる
画数減らして、楽になろうという進化なのでしょうか?言われてみるとそんな気もします。
2006/10/08(日) 09:22:56 | URL | かっさん #- [ 編集 ]
かっさん、こんばんは。

画数減らしは明らかですね。表意文字が表音文字化していて、日本人からは風情が感じられません。
もっとも明治の人から見ると今の日本の漢字も手抜きに見えるかもしれませんが。
2006/10/09(月) 21:52:04 | URL | すぎた #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。