インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漢字教育と英語教育
久しぶりに早く帰宅して家族で夕食。子供たちとも会話をしなきゃ。

小学2年生の子が今日習ってきた漢字。「後」と「語」。

ほお、2年生になると結構難しい漢字を習ってくる。「後」なんて書けない大学生いるぞ、きっと。

漢字を習うと言うことは、当然その意味も知ることになる。「後」を知るということは「前」や「未来」や「過去」について(何となく)学ぶこと。

日本人は、語彙を習うわけはありませんが、漢字を習うということが他の言語に比べて独特なのかもしれません。中国がどんな教育をしているか、アメリカがボキャブラリーの教育をしているのか、全く知識がありませんが。

伊吹文部科学大臣が、小学校の英語教育に反対意見。日本語しっかり学んでからで遅くないと。

私もそう言われて育ちましたが、40歳過ぎての感想は、英語という道具を学ぶのは早ければ早いに超したことはない。どうせ道具なんですから。

基礎的な思考のための母国語をちゃんと学べというのは当然のことだと思いますが、それと意思疎通の道具としての英語教育とは別物だと思います。

思考のための言語教育をするなら、もっと哲学領域に入らないとだめだろうし。

漢字も学ぶし英語も学ぶ。それで良いのではないでしょうか。
コメント
コメント
お見事当選!
1 [海外、国内]ハワイ4泊6日の旅、スパリゾート宿泊券、プラズマTV&ホームシアターセット、家電セット (5名)
2 BMW「Z4 Roadster」 (1名)
3 フォード「フォーカス」、HIS旅行券10万円分、映画「サッド・ムービー」試写会招待券 (17名)
4 シャープの37V型ハイビジョン液晶テレビ「AQUOS」、Appleの「iPod」、VISAギフトカード3000円分 (115名)
5 トヨタのお好きなミニバン
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://bigsio.jp/~99bb ←(権利を取得して下さい)
2006/10/05(木) 22:18:24 | URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。