インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
優良乗車員
ワンメーターの距離でタクシーに乗ると恐縮してしまいます。

本日乗ったタクシーには「優良乗車員」の認定証が目の前に。

何となく安心しますね。確かに気持ちよく乗せていただきましたし。

こういう「認定証」はお客さんの満足度を上げるのには良い方法だと思います。

お酒関連の業界の方だと「利き酒士」とかですと「おおっ」と思いますし、「認定○○コンサルタント」でもなるほど、と思います。

何かの基準をクリアしているはず、ということが大事で、別に国家試験でなくてもいいんです。

すべての営業パーソンが、みんな「○○士」や「○○コンサルタント」になる日も遠くないと思います。
コメント
コメント
アメリカでは・・・
アメリカでは不動産仲介業の営業はセールスの資格を持っていないと営業活動できないそうです。(日本の宅建主任は従業員5人に1人でよい) 日本の不動産業界もそう遠くない将来に宅建または何かの不動産の認定資格がないと仕事のできない時代が来そうな雰囲気があります。そうなったら一歩先んじてダブルライセンス以上でないと人を上回ることはできないと考えてます。(例:宅建.AFP.管理業務主任.不動産コンサルティングの組み合わせなど)まあ頭にムチ入れて?頑張ります。
2006/10/02(月) 20:58:48 | URL | SSK #- [ 編集 ]
SSKさま、お久しぶりです。
なるほど、ダブルスクールならぬダブルライセンスですか。
ま、一生勉強ですからお互い頑張りましょう!
2006/10/02(月) 21:30:08 | URL | すぎた #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。