インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冥王星
本日話題のニュースは冥王星が惑星じゃなくなったと言うこと。

「スイキンチカモクドッテンカイメイ」の「メイ」がなくなってリズムが崩れましたね。日本人としては。

交響曲「惑星」がどうとか、ディズニーのキャラクターの「プルート(英語で冥王星)」がどうとか賑わっています。占い師も困っているとか。

子供にとってはこういう「絶対だと思っていたルールが変わる」という体験はとても良いことだと思います。

世の中の概念を規定している基準も、実は人間がつくっているということ。ルールを盲信するのではなく、自分の判断とルールを照らし合わせる思考を養うこと。

これは「混乱」と報道する向きがありますが、紛れない「進歩」だと思います。

冥王星を発見した方(故人)の奥さん(アメリカの人、すごく御高齢)が良いこと言っていました。

「夫は、科学は進歩するものだと受け取るでしょう」
コメント
コメント
「宇宙戦艦ヤマト」でガミラスの冥王星基地(地球へ放射能爆弾を落とすための基地です。)が出てきますが、今後はリバイバル版を創る場合に、「冥王星」というものの解説が必要ですね。・・・てなことを、この話を初めて聞いたときに最初に考えてしまいました。(もうひとつ「スーパーマンリターンズ」ではスーパーマンはやはり公衆電話ボックスで変身するのか(アメリカでも携帯電話の普及で公衆電話ボックスは減っているのでは・・・)などということを考えてました。)こういうのって進歩のない考え方なのかもしれませんね。
2006/08/25(金) 22:19:16 | URL | SSK #- [ 編集 ]
SSKさま、こんにちは。
結局未来ってのは、そのときどきの「今」からしか発想できないですよね。だからイマジネーションを常に更新させることが必要だと思います。
2006/08/26(土) 16:51:45 | URL | すぎた #- [ 編集 ]
すぎた様
ありがとうございます。イマジネーションも思考も行動も「前向きに」更新していこうと思います。結局、人間のやること、つくっていることですから、それでこそ人間の進歩(少し大げさ?)の証かもしれません。
2006/08/26(土) 20:28:56 | URL | SSK #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。