インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自動給餌機
明日から少しだけ家族で大阪を離れるので、正月から飼っている熱帯魚の餌やり対策。テトラ社の自動給餌装置を設置。

設定時間ごとに、餌を入れた箱が一回転して、箱の隙間から餌が投入される仕組み。単純な機能の割に結構ごっついサイズです。

水槽を照らしているライトをはずしてその場所に設置。

本当にタイマーが作動して餌が投入されるのか?夜8時過ぎがその検証タイムでしたが、しっかり見逃しました。

その検証なくして家を離れていいのか? 明日の朝見逃したら見切り発車せざるを得ません。

無事作動することを祈るばかりです。
コメント
コメント
3日間持つ餌ってご存知ですか?カルミン粒程の大きさで、水槽にポチャンと入れておくと、3日間以上溶けずに残り、魚が少しずつかじるものです。

それさえ入れておけば、1週間餌やりしなくても、餓死することはなかったですよ。

あと、水槽掃除を怠ると、小さい魚は下にたまった餌やコケ食べて生き延びてます。

結構、熱帯魚って強いみたいですよ。
2006/08/24(木) 23:11:49 | URL | さかちう #- [ 編集 ]
熱帯魚&は虫類マイスターのさかちうさん、こんばんは。

大層な機械をつけてしまったもんだと思っています。帰宅後、生き延びていることを願っています。
2006/08/25(金) 21:42:22 | URL | すぎた #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。