インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新札もご利用になれます
東京のJR券売機で「新札もご利用になれます」の大きな表示。赤バックに白抜きで、各券売機についているので目立つ目立つ。

一瞬、えっ?また新しいお札出たんだっけ?と頭をよぎりましたが、これ、今普通に使っているヤツの事ね。

「新しい○○」とか「現代の○○」という表現は、時機を逸すると途端に古さを助長します。古本屋で申し訳なさそうに並んでいるのもこの手のタイトル。

「新しい」ものはチヤホヤされるのが世の常。パチンコ屋はだいたいいつも新装オープン。

「新人」「新入社員」もぼやっとしているとすぐ「中堅」「ベテラン」に。それにスキルが付いていかないと「使えない」というレッテルが貼られます。

「新任マネジャー」「新任社長」「新会社」も併せて要注意ですね。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。