インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
立ち飲み屋
夜、早めに切り上げて気になっていた焼鳥屋へ。

看板は鶏肉の卸問屋。夜は玄関に七輪から火がもうもうと立ち上がっている飲み屋。

初めてはいると、立ち飲み屋。それも風情があって、これはこれでいいかと。

先客のテーブルの上は缶ビールや瓶ビールが並んでる。どう見てもオーダーするとこないぞ。

一回外に出ると、隣に焼き場がある。そこで肉をチョイスすると焼いて持ってきてくれる。飲み物は冷蔵庫から勝手に出す。

なぜか店内に「撮影禁止」の貼り紙。
ここ、飲食店ではなくて、勝手に客が飲んでるだけというスタイル。

ビールは、普段飲まないキリン「豊潤」とかの高級ビールがあったのでそれをしこたま。

焼き鳥は絶品。

お勘定は、串やビール瓶を数えると思いきや、大将は「数えてへんで」。勘定頼んでからしこたま大将とヒトラーがどうとかの話をして、結局二人で3000円ずつ。もっと飲み食いしてもきっと3000円。

でも、十分おなかいっぱいでした。また来よう。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。