インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巨人が弱い
ドイツ根性入ってたなあ。うまいとか下手の問題じゃないなあ。人間って凄いなあ。

・・・と感じ入っていたら、巨人軍がエラいことになってますね。負けすぎ。

昨日は同い年工藤投手もノックアウト。今なら楽天より弱い?

生粋巨人ファンの妻は話題すら出しません。

こういう非常時にこそ戦術ではなくて戦略が大事。戦略は経営資源にメスを入れる話なので、ここはフロントががんばらねば。「大物選手を連れてくる」とか「原さんの代わりに誰か連れてくる」とか。

人気球団が有利なドラフト制度、特定球団以外のカードは視聴率取れないからテレビでやらない、金に任せてフリーエージェントで選手を漁る球団があって不公平、これら球界の問題はみんな「巨人が人気がある」ことに起因。

巨人は弱かったことは今までもありますが、人気はあった訳です。ところが、この負けっぷりは「清原が悪い」「長嶋采配が悪い」とかじゃなくて、「普通に弱い」感じがまずい。さらに「気の毒」な感じすらあり。したがってこのままでは「人気」が危ない。

頼るべき巨人がいなくなると、間違いなく球界改革は進むはず。球団経営者のみなさま、次のシナリオを今から考えておられた方が良いと思いますよ。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。