インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インサイダー取引
村上さんがインサイダー取引で逮捕されました。

報道を見て感じることは、インサイダー取引なのかそうでないのかの判定は技術的に非常に難しいということ。

今回はライブドアと村上ファンドというあまりにも派手な役者と、取引の証拠となるメールがあったというどちらかという特殊な事情があったように思います。

インサイダー取引はもっと地味なレベルで他でもおこなわれているのではないかという疑念を、多くの人が持ったのではないでしょうか。


マイクロソフトのウィンドウズに標準でついている「ハーツ」というゲームがあります。

ルール通りに札を出さないと、コンピュータから注意されます。これは、プレーヤーの手元を監視している絶対者があって初めて成り立つゲームです。

インサイダー取引規制も、理屈としてはそういうルールが必要だと思いますが、神様がいないと成り立たない仕組みのような気がします。大量取得はすべて規制するとか、プレーヤーの手元ではなく、外から見て分かるルールが必要なのかも知れません。

スポーツの審判でさえミスをします。人間ですからね。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。