インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電機メーカーの決算
電機業界大手の決算状況が新聞に出ていました。

松下電器が売上高営業利益率が4.7%となり、企業改革の目標をほぼ達成するとのこと。

高収益電機メーカーの代名詞シャープに対しても、営業利益率で1ポイント差まで追いついてきて、経営舵取りの巧みさが現れています。中村改革、着実に成果が上がっています。敬意を表します。

記事で注目したのは三菱電機。ファクトリー・オートメーションなど、デジタル機器とは別の分野で収益を伸ばしています。競合会社と土俵を変えた戦略。しかもデジタル一辺倒ではない、アナログ要素を含む分野は、ノウハウ蓄積が大事ですので、手堅い収益が期待できます。「買い」だと思います。

液晶テレビではソニーが急速に巻き返していて、シャープといえどもうかうかできません。

来年あたりはかなり今年とは違う状況になっていると思います。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。