FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
iPodと出張
本日昼から東京出張。出張のお供に初めてiPodを連れて行きました。

外で音楽を聴くのは本当に久しぶり。これまでもそれほど音楽を持ち歩くということはしない方でしたので、なかなか新鮮な体験でした。ただ、耳なじみのある曲を聴いていると、意識が内にこもる感じがします。外に対する感覚はちょっと鈍りますね。

シャッフル(ランダム再生)で延々聞いてましたが、新鮮ですね。今1000曲くらい入っていますが、次の曲が全く予測が付かないので飽きることがありません。「知らない曲」も混じっていますし。とにかく山ほど曲が入るという単純な機能による新たな価値ですね。

iTune経由で曲のタイトルやアーチスト名を自動的に登録してくれてますので、この曲、こういうタイトルだったんだ、という新たな発見もあります。

学生時代、レコードをカセットにダビングしたときに曲のタイトルを汚い手書きで書いていたことが懐かしいです。プラスチックの板に溝が切ってあるアルファベットのテンプレートも使ってました。

もし学生時代にiPodがあったらどんな感じだったろうか?と考えてみました。CDという簡易なデジタルメディアがあり、インターネットによる曲名データベースとの連動があり、巨大な記憶媒体があり・・・、という前提条件が違いすぎるのでピンと来ませんね。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック