FC2ブログ
インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
know-how
神戸大社会人大学院の優秀論文発表会を聴講。

名物教授のこじま先生の講義付き。講義中、名前出して呼びかけていただき、お見知りおきいただいていることに感謝。相変わらず辛口なコメントで、若干会場凍り付いておりました。

先生の講義で、組織で知識を共有するためには、まず"know-what"の理解が必要で、その後共同作業などのプロセスを経て、実践的な"know-how"に進化させることが大切とのこと。

"know-how"というと、表面的な知識で形だけうまくやると言う意味でとらえがち。ややもすると学問の場では軽視される言葉です。何が大事な要素であるかという"know-what"を知っていることの方が重要とみなされる価値観も根強いと思います。

ところが、現実の行動のためには、何をすべきかという、その方法論が大事だというご指摘。

これ、実践面では当然重要。単なる機械的なマニュアルではなく、"context-specific"な状況を知覚しながら自分の方法論として身体化することが大切と理解しました。

スライドの文章が全部英語だったので大変でしたが。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック