インターナル・マーケティングの覚え書き。毎日のできごとを少し深く考えた、ビジネスのヒントを提供します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バーチャル画像がここまできた
子供がふたりとも熱を出したので、神戸大のシンポジウム聴講を断念して自宅待機。

で、録画しているテレビ番組の整理編集

本日注目は、本物そっくりに見えるバーチャル画像によるプロモーション。

透き通るほど薄くてクリアだけでも映像がはっきり映る新開発スクリーンがミソ。このスクリーンでライブコンサート映像を映すと、まるでそこに本物がいるみたい。スタジオライブをガラス越しに見てるようなシチュエーションでは、本物と全く一緒!(あくまでテレビ画面を通してですが)

都内数カ所で同時に同一ミュージシャンが出現する仕掛け。屋外広告を出すより割安なんだそうです。

これは未来感ありますね。車の広告では、車体を回転させたりしてインパクト出てました。

遊園地や○○博でしか見られなかった驚愕映像がだんだん身近になってきました。採算に合ってきた、ということですね。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。